遺品整理・遺産相続記事

サイト管理人のブログです。

遺品整理

遺品の指輪を売る時の確認するポイント

遺品の指輪の売却

遺品で出てきた指輪を相続人同士の合意の元に売却することになることも多いかと思います。その時にですが、指輪によってその価値に違いがあるのはご存知ですか?色目が金色だから「金」というわけでもありません。貴金属の見るポイントについてご紹介していきます。

貴金属の種類

●金

●プラチナ

●シルバー

こういった物が一般的に指輪で使われる貴金属の種類です。ですがこの中からさらに種類が分かれていきます。例えばゴールドですが、ゴールドにイエローゴールド・ホワイトゴールドがあります。イエローゴールドは一番目にする機会の多い色目のものです。確かにピカピカに磨いたときは黄色してますね。

イエローゴールド

イエローゴールドは”純金”というわけでなく、金に銅と銀を混ぜて作っています。

ホワイトゴールド

ホワイトゴールドですが、実際には白いゴールドというのはありません。ではどのようにしてこの色目を作るのかというと、合金にしてるのです。イエローゴールドにニッケルもしくはパラジウムを混ぜることによって白い色になるのです。その割合はイエローゴールドが75%でニッケルもしくはパラジウムが25%の比率です。出来上がった後は光沢が出るようにロジウムメッキをすることが多いのですが、中身は金ですからメッキあつかいにはもちろんなりません

ピンクゴールド

これも金に銅を混ぜることにより赤色を出しています。割合は約25%ほどですが、銅が増えるほど赤みが増していき、レッドゴールドに近づいています。昔は無かったいろですが最近はピンクも増えてきました。ただピンクゴールドは銅との混ざりが多いため非常に硬い合金となります。作り手としては少し扱い辛い素材のようです。

プラチナ

プラチナ(白金)の場合はカラーはありません。ただし純度には違いがあります。

シルバー

シルバー(銀)もイエローやピンクというのは一般的ではありません。そしてプラチナと同様に純度に違いがあります。

純度の表示

金の純度

金であれば純度を示す刻印が必ずあります。24K 18Kが主流です。中には10Kというものもあったり、歯の詰め物で使うのに金が使われていたりしますが、これも10K~14Kくらいの純度です。しかし歯の詰め物ですから成分表示はありません。

24Kというのが純金という扱いになります。18金は 24Kに銀と銅を混ぜて作ります。金の割合が少なくなるほど数字が小さくなり、14Kや10Kと成っていきます。

プラチナの純度

プラチナの場合はPt1000 Pt950 Pt900 と分かれています。Pt1000は純なプラチナということですが、実際は99.5%ほどで、100%は出来ないようです。その次に950や900というのは金と同じく、べつの金属混ぜてつくります。この時の割合によって純度が決まります。

プラチナは純度が高くなるほど黒みを帯びます。そして決して硬い金属ではないということ、そういった理由から色目を白くし硬度が増すように合金にされるわけです。

欧米ではPt950が主流です。しかし日本では扱いやすいPt900が主流です。

シルバー

銀にも純度がいくつかあります。最初に”純銀”という純度99%以上のものです。その次にSV950 SV925 SV900といったものがあります。これらも混ぜ物の割合によって決まります。日本製のシルバーの指輪はSV925の刻印が入っているものが多いと思います。

売却の時には刻印が大切

金の売却の時には打刻された”24K”や”18K”が大切です。この表示がなければ買取は難しくなります。メッキは薄い金の被膜を作るようなことですから、見た目や色目はよく似ています。しかし打刻がないということはメッキの可能性が高いわけです。仮にどうしても調べたい時にはエックス線検査が出来る買取店でないと鑑定は出来ません。その時にはペンチやニッパーで潰しての検査になることを予め了承してということになります。

金以外のプラチナやシルバーも、その純度によって地金買取の価格は変わりますので、刻印は大切です。

あと24KGPいう表記の物があることもあります。よく金杯などに使われることがありますが、これはメッキです。GPとはGold Platedの略です。地金としては売れませんから、商品として売るしかありません。

シルバーの場合は洋銀というのがありますが、これもニッケルのメッキだったりするのですが、銀の地金の価格は元々安いので、大半がSV925だと思いますが、やはり刻印は確認する必要があります。

地金として売るか指輪として売るか

遺品で出てきた指輪ですが、売る時には指輪として売った方がいいのか、地金として売った方がいいのか迷うこともあるかと思います。指輪として売る場合には指輪についているルース(石)の価値や評価、今の時代に身に付けても古さを感じないようなデザイン性指輪であれば地金での買取以上に評価されることはあります。しかしそうでない場合には地金として売りに出した方が良いかもしれません。地金として売る場合には、相場が高騰していれば高くもなりますが、あまり欲をかきすぎて待ちすぎると暴落することもあります。相場も見ながら売り時を探るというのもポイントになってきます。

まとめ

貴金属はグラム単位で金額の変わるものですから、その刻印や純度というものが非常に重要です。もし地金としてではなく指輪として売却するのであれば、ルースや指輪自体のデザイン性が大切です。地金買取の場合は相場価格の75%~95%といったところになるでしょう。

遺品整理の費用が安い業者の秘密を教えします

遺品整理の費用が安い業者

遺品整理の費用は、その量が多いことからどうしてもかさんでしまいがちです。ワンルームのお部屋くらいなら数万円程度で済みますが、3LDK以上くらい間取りともなるとかなり大掛かりな作業となり、そのコストも大きくなってしまいます。見積もりをいくつか取ってみると、各社それなりに開きがある場合があります。ではなぜそのような開きがでるのか?費用の安くなる業者の傾向についてご紹介していきます。

エリア的な要素

最近はネット検索で業者を選ばれる方も多いと思います。検索に出てくる業者順に問い合わせすることも少なくないかと思いますが、はたしてその業者はお住まいから近いところの業者なのでしょうか?実際には検索にヒットする業者というのは近い業者ばかりではありません。見積もり依頼や作業依頼をすればもちろん来てはくれます。しかし見積もりに来るのもその距離分のコストはかかってしまいます。

そして作業も移動など距離の点でコストが増える場合があります。こういったことから、その費用分が見積もりに反映してしまうということが考えられます。

仕分け的な要素

遺品処理となるものでは、どれだけ分別してリユース・リサイクルが出来るかがコストダウンの鍵となります。金物系、プラスチック系、紙や 本類系、 衣類系、ガラス系、木材系、は再資源化によるリサイクルを行われています。

そして傷みの少ないものや商品として評価されるものはリユースに品として使えます。

こうしたリユース、リサイクルがどこまで徹底してしまうかでもコストには大きく反映してしまいます。

仕分けが不十分て多くのものを一般廃棄物業者に依頼してばかりでは、遺品整理の費用を安く抑えるのは難しくなります。

経験と横の繋がり

コストを抑えるためのリユース、リサイクルというのは、その業者がどれだけ色々なリサイクル業者やリユース業者を知っているかにもかかってきます。

これは過去の経験や横の繋がりにより情報を多くもっているからこそ出来るわけです。

遺品の買取りを合わせて

遺品整理の費用を安くするのには遺品の買取りが一番効果的です。売却するものにもよりますが、一件分の買取りと相殺して遺品整理の費用が全部賄える事例もあります。

遺品業者による買取りであれば、一度に出来て手間もかからないというメリットはありますが、貴金属や宝石類やブランド品のような専門店に出したほうが良いアイテムというのもあります。

遺品整理業者に全部任せるか、遺品を分けて売却するかは品物によって分かれるでしょう。

費用が増えてしまうところ

遺品整理費用のなかで一番かかるコストが人件費です。細かな整理の作業が多い場合には、どうしても人手がかかってしまいます。そして荷物の量が多い場合は車両費もかかります。

効率の良い作業

人工や車両費はかかったとしても効率の良い作業により作業日数を減らすことができれば、これもコストダウンになります。この効率の良い作業というのは、やはり経験値からくるものであり、長い実績を積み重ねることで分かるわけです。。そう考えるとベテランのスタッフがいる遺品整理業者というのは安くやるための知恵もあるということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?遺品整理の費用が安い業者というのは、リユース・リサイクルによる仕分けの努力と買取が出来る目利き。そして経験により作業効率を上げれる会社ができることだというわけです。見積もりは複数取られるかと思いますが、価格差にはこんな理由によるものなのです。

遺品の宝石の売却方法と相続税について

遺品の宝石売却の仕方とそれにかかる税金

 

遺品整理をしていて宝石や貴金属類が出てくるというのはよくある話です。金は最近の相場では高値ですからわずかな量でも非常に高価な価格で買い取りしてくれます。それでは宝石はどのような扱いになるのでしょうか?宝石の売却についてご紹介していきます。

人気の宝石

宝石買取の中でも評価の高い宝石とそうでないものがあります。評価が高いというのは人気であったり、石のクオリティということであったりします。人気の高いものとしてはダイヤモンド・ルビー・エメラルドが特に人気です。そしてカラット数などによって評価が変わります。

ダイヤモンドでは4Cという言葉を聞いたことあるかもしれませんが、カットされたダイヤモンドで「カラー」色「クラリティ」透明度「カラット」重さ「カット」研磨の頭文字をとっています。ダイヤモンドの品質を表すもので、それぞれの項目(Cごとにさらに細かく評価が分かれていきます。)

鑑定ができるところで査定

高価な宝石については鑑定ができる専門的なお店で査定をされることをお勧めいたします。それは一般的な買取店ではおおよその買取はできますが、カラット数やクラリティやカットや研磨のクオリティまで鑑定できるところが少ないからです。

買取の査定がルース(石)ではなく、指輪などの枠になる18金などの地金の買取の査定であれば一般的な買取店でも大丈夫です。

買取の価格に差があるの?

宝石だけで買取をしてもらえるというのは、本当に貴重なルースだと思ってください。小さなダイヤモンドではなかなか買取してもらうことはできません。ダイヤモンドは高いというイメージがあるかもしれませんが。それはカラット数も大きなダイヤです。メレダイヤのような小さなものは原価で言えば数百円~高くて2000円位のものでしかありません。数十万円~数百万円で購入したダイヤのクラスでないと高値で買い取りというのは現実的には難しいです。その買取の値段ですが、これも先ほど述べたようにルース買取の専門店とジュエリーやブランドの買取してるようなお店とでは買取の価格に差は出ますから、やはり専門店がおすすめです。なぜそのように買取に差が出るのかといえば、専門店はいわゆる元締めみたいなところで、街で買取をしているお店は仲買人のようなポジションです。仲買人が元締めのところに商品を卸すようなイメージと言えば分りやすいかもしれません。

どういったところに専門店があるのか?

分かりやすい場所でいうと、東京の御徒町近辺は貴金属やルースの販売を販売している卸問屋が集まっている地域です。この地域には宝石を専門としているお店ももちろんあります。そして問屋街ばかりにしかないわけではありません。御徒町に本店があるお店で、ほかのエリアに支店を出していることはあります。ネット検索でそれは調べることは可能かと思います。

遺品で出てきた宝石を売却した時の税金

遺品の中から出てきたものは自分の私物ではありません。あくまで遺産の一部になります。ですので、相続人の許可なく勝手に売ることはしないほうがトラブルを避けるためにもしないほうが良いでしょう。分割協議書のようなものを作成してから売却したほうがスマートです。そしてその税金ですが、これは遺産の一部なので相続税に含まれるかと思います。相続税自体が3000万円までと相続人が一人頭600万円の控除があります。ですので、家や車や宝石を売って、控除の範囲内なら相続税は課税されませんが、それを超える場合は課税となります。詳しくは税理士さんに相談されることをお勧めいたします。

遺品を勝手に処分して相続トラブルになる可能性

遺品の処分にまつわるトラブル

遺産として残された中には遺品として車や家財道具や美術品などがある場合があります。これらを勝手に処分してしまうことで思わぬトラブルへ発展してしまうことがあります。親族間でのトラブルというのは何とも嫌な感じがしますよね?そうならないためにどうしたら良いかをご紹介していきます。

相続人の確認をする

まず遺産や遺品の整理をする前に、相続人が誰なのかを調べる必要があります。不動産なんかの場合でお父さんとその兄弟の共同名義になっている物件の場合は、ご子息たちだけでその不動産を売却することも出来ません。

また希なケースかもしれませんが、自分達が知らない異母兄弟・兄弟や異父兄弟・姉妹が発覚することもあります。認知されていて、相続人としての権利があれば同じテーブルで相続について話合いをしなければいけなくなります。

遺産として受け継ぐものの価値を確かめる

不動産のようなものは明らかに資産として明確です。もちろん預貯金や證券も至極当然です。

しかし車両や家財道具はどうなのでしょうか?

車両は数百万円になるものもあります。家具も高級なものなら価値を認められるものもあります。美術品も有名画家の作品であれば数百万円~数千万円になるものもありますから、車・家財道具・美術品だから資産では無いという解釈は少し違ってきます。

これくらいのものなら「勝手に処分してもいいか」と思わず、相続人同士で確認すべきです。下の手順にも書きますが、書類の作成がまず先です。

デジタル遺品

最近では證券の情報などをパソコン端末に入れていたりする場合があります。場合によってはタブレットやスマホにもパスワードの記載があるかもしれません。こういった端末をただの家電製品のように処分してしまうと、後からそれらの情報を見つけ出すのは困難極まりないことです。只でさえ端末があってもパスワードロックの解除なども大変で、専門業者に依頼をしないと解除できません。ですので、デジタル系の遺品も処分する前には吟味が必要になります。

遺品の整理の手順

不動産などん含めて、写真や美術品など遺産や遺品に関して、相続人の名前を書き記した”遺産分割協議書”を作成します。まずは親族間で話合いや取り決めを行い、協議書を作成するようにしましょう。

この協議書があることで、そこに記載された相続人が相続するものだけを受け取り、処分売却等を行うことができます。

間違って他の相続人が受け取りするものは処分しないでください。

勝手に占拠されるケース

これもよくあるケースですが、預貯金がまったくなくて、あるのは家のみ。そこには親と同居していた子供が住み続けるというケースです。

他の兄弟がいる場合には、その兄弟にも相続人としての権利があります。そこで同居していた兄弟を家から追い出してまでして、家を売却して遺産をわけあわなければいけないでしょうか?話合いもなく勝手に占拠し続けるというのは、他の兄弟からしても心象は良くありません。より良い解決はやはり話合いしかありません。もしどうしてもトラブルに発展する場合の仲裁に入ってくれるのは弁護士となります。

形見分けをする場合

遺品を処分売却などをするわけでなく、故人さまの形見分けをしたい場合、その場合も分割協議書に載せてからが良いでしょう。※分割協議書は絶対必要ではありませんが、相続人トラブル回避に有効です。

まとめ

遺品の処分はいくら親のものであっても、他の相続人がいる場合には勝手に処分されないことをおすすめいたします。遺産分割協議書を作成した後に処分や形見分けを行い、それらを受け取りするようにしたほうが良いでしょう。

遺産放棄はどういう場合にするものなのか

正しい遺産放棄とはどういうものなのか

遺産相続というのはよく聞く言葉ですが、遺産放棄というものもあります。これはどんな時にどのように使うべきなのか。使い方を知れば利用方法も変わってきますので、ご紹介していきます。

遺産放棄

遺産放棄とは、それぞれの資産、財産に対しての権利を放棄をするということになります。分割協議書というものを作成して、そこに遺産となるものを書き出します。そしてそれらの遺産に対して放棄をするとすることで遺産放棄をすることができます。

しかし新たに遺産となるものが見つかった時にはものについては分割協議書に載っていないものなので、相続する権利はあります。

遺産放棄と相続放棄

放棄の中にも遺産放棄と相続放棄というものがあります。これらは解釈が違い、使い方を間違えると面倒なことになります。遺産放棄は個々の遺産について放棄をするということです。それに対して相続放棄は最初から相続人ではありませんという手続きになります。これのどこに問題が出てくるのかということですが、上にも書きましたが遺産は分割協議書を作成してそこに相続人が誰で、何を相続するのかを書き記していきます。遺産を放棄することもそこへ記載したとしても、仮に新たに遺産が見つかった場合には分割協議書に載っていないものですから。遺産放棄をした人も相続人放棄をしたわけではありませんから、その遺産については相続する権利はあるということです。

逆に相続人放棄をしてしまった場合にも、後から故人と共同名義になっているようなものが見つかった場合にも話がややこしくなります。相続人放棄をしてしまっているので、故人と共同名義になっている人から贈与してもらう形になってしまうわけです。この場合は相続税ではなく、贈与税が課税されてしまうわけです。遺産放棄したから大丈夫。相続人放棄したから大丈夫の前に、しっかりとした遺産のリサーチが大切になってきます。

なぜ遺産放棄するのか?

もらえる遺産なのになぜ遺産放棄しなければいけないのか?という疑問が起きるかと思います。遺産というのは”資産=現金”ということばかりではありません。たとえば現金はほとんどないのに不動産の資産ばかりがあったとします。これらの遺産を相続する場合には現金で相続税を支払わなければいけません。もし現金がなければこれらの不動産を売却するなりして工面する必要があります。それらを売却して支払えるのであればよいのですが、その不動産に借り入れが残っている場合はそれも遺産として受け継いでしまうわけです。いわゆる負の遺産となります。

これは遺産放棄をする一つの理由です。放棄することで不動産を受け取ることはできませんが、借金を遺産として受け取る必要もなくなるわけです。

遺産放棄に関する相談相手

遺産放棄についての相談は弁護士になります。それも遺産相続に関することが得意な弁護士です。報酬額等はその案件別によって決まります。遺産相続トラブルの相談は弁護士

遺産放棄の手続きは家庭裁判所で行います。その手続きには必要な書類というのが非常に多く書き方も複雑です

●どんな遺品があるかの調査

●必要書類(住民票や戸籍謄本・相続人放棄の申述書など)

●家庭裁判所に対しての申述

これらを行っていかないといけないので、ご自身では解決できないことも多いですから速やかに相談されることをお勧めいたします。

まとめ

遺産相続放棄と合わせて相続人放棄も含めて正しい知識で放棄をされることをお勧めします。間違って使ってしまうと大きな損害が出てしまうかもしれません。相続に強い弁護士探しが大切です。

› 続きを読む