遺品整理・遺産相続記事

サイト管理人のブログです。

遺品整理

遺品整理をする前に分割協議

遺品整理の前には分割協議

故人が残された物として住宅や車・株といった資産の他にも家財道具もその価値によっては高額になる場合もあります。こういった物を相続人が複数人いる場合には分割協議を行う必要があります。

仮に相続人が一人の場合:

仮に相続人が1人の場合なら分割協議というのは必要がありません。その相続される方が全て決めることが出来ます。

分割協議書を作る目的

何故この分割協議をするのかというと、後々のトラブルを避けるためです。お金にまつわるトラブルは身内であるが故に避けたいところです。言った言わないの話で揉め事が起きないためにも書面に残すわけです。資産として残される物を誰がどれだけ受け取るなどを書き記すわけです。絶対に作らなくてはいけないわけではありませんが、これが無ければ、第三者の誰かが勝手に資産を売却してしまって困る場合が出ます。そういったことを防ぐための目的でもあります。

分割協議書の書き方

書き方には特に取り決めはありません。縦書きでも横書きでも自由に描けます。

タイトル:分割協議書

相続人:氏名の署名と実印で捺印

遺産の内容や分割の方法:不動産登記簿(全部事項証明書)や所在地や面積などを記します。預金に関しては金融機関名・支店名・口座種別・口座名義人を正しく書きます。

誰に何を。金銭ではどれだけ誰に渡すなどを明確に記載します。

相続人の枚数分を作成して、それぞれで管理をします。

分割協議書の保管

公正証書に書き換えない限り、どこかの役所に提出するわけでもありません。ですが、重要な書類となるので、金庫などで管理することをお勧めします。そしていつまで保管しなければいけないという決まりもありません。

公正証書への書き換え方法

公正証書とは公証人によって作成される文書になります。この分割協議書を公正証書に書き換えるメリットとしては、支払いを受けられない時に強制執行することが出来るということです。相続人同士で裁判になる可能性があれば作っておいた方が良いかもしれません。ただし作成には数万円の手数料がかかります。

相続についての相談

もし相続関してトラブルになる恐れがある場合には弁護士が役に立ちます。そして相続に強い弁護士事務所を選ばれるのが良いでしょう。トラブルまで発展しない場合で、不動産に関しては司法書士。税に関することは税理士となり、それぞれ役割が違います。相談内容に合わせて問い合わせしてみましょう。

まとめ、分割協議の後

分割協議が終わった後にようやく住宅の整理や家財道具の売却などが出来ます。協議のうえの管理者が支払いの受け取りをすることになります。全ての方が分割協議を行って書類を作成をしているわけではありませんが、トラブル回避という意味で頭の片隅にでも置いておいても良いかと思います。

遺産で受け継いだ空き家

遺産で受け継いだ空き家

最近は核家族化が進み、それぞれの家族で家を持つようになりました。そこで両親の持ち家である実家ですが、遺産として受け継ぐときには不要になるケースが増えてきました。

そしてその空き家をどうするのかが問題になります。

放置状態では家は傷むばかりです。売却や賃貸で貸し出しするなどの対処を考える必要があります。

空き家の処分や活用法

不要となる空き家を売却するというのも方法の一つです。

遺産の分割協議を行い、相続人すべてが納得すれば売却するのも良いでしょう。中古物件で売り出せるか、解体して更地にして売るかは家屋の状態にもよります。少しのリフォームで済むなら中古物件が良いですし、リフォーム代が非常にかかるようなら更地のほうが買い手もつきやすいでしょう。

かなり昔の家の作りというのは鴨居の高さが低い場合があります。180センチ以上の人であれば、至るところで頭をぶつけることがあります。こういう物件は中古としては不向きでしょう。あとは冷蔵庫や洗濯機を置く家電の設置場所が狭かったりします。冷蔵庫はスリムタイプは約60センチ幅ですが、フレンチタイプの観音開きのものはプラス20センチ以上はあります。洗濯機もドラム式であれば、以前の二層式タイプと比べると全くサイズが異なります。こうなると置けない場合もあるので、リフォームが必要になります。買い手からすればこういうところも気になるはずです。建物の状態を確認して中古物件か更地にすべきかは仲介業者に相談されることをおすすめいたします。

中古として売却する場合

仮に中古物件として売却するのであれば、時期はなるべく早めが良いでしょう。というのも人の住まない家というのは傷みも早いです。風通しもなく換気も無いので、湿度の調整も不充分です。換気出来ないことで、壁紙にカビがはえてしまうリスクもあります。もし家財道具がそのままの状態なら、タンスの後ろ側にはカビでびっしりとついていた事例が過去にありました。

また、水道も塩ビ管なら錆びもありませんが、鉄であれば錆びが起きます。一度錆びれば交換の工事となります。長期間空き家のままですと、こういう事態になることを気にかけておいたほうがよいです。

賃貸として貸し出しをする

空き家を売らずに賃貸として貸し出しするのも方法の一つです。ただ数十年は住んでるような家を何もせずに貸し出しというのは無理があります。壁紙やフローリング、キッチン、お風呂、トイレなどをチェックして、改装が必要であればリフォーム業者に見積もりを取るのが良いでしょう。あまり高額になるようなら、元手をとるまでに数年かかってしまいます。そして、そのリフォーム代金は先に用意しなければいけません。

貸し出しするには立地の確認もしたほうが良いです。例えば駅から10分圏内のような場所ならすぐ借り手は見つかるでしょう。しかし駅から離れるにつれて借り手の候補者は減ります。ただ、電車を利用せずに車で移動する人もいますから、駐車スペースのあるのは大事です。

魅力的な住まいであることが借り手の気持ちを大きく惹き付けることは間違いないです。

仲介業者の選び方

不動産を売却するのも貸し出しするのも仲介業者に依頼をする必要があります。そこでどのような業者に依頼すべきかでせすが、売却の場合であれば「住友、三井、野村」といった大手業者が有名です。物件を探している見込みの顧客の数が多いので、買い手が見つかりやすい傾向にあるかと思います。

賃貸物件の場合は売買とは異なります。地域性が重要ですから、その街の賃貸物件を紹介を専門的にやっているところがおすすめです。中には管理だけや売買だけといったところもあるからです。賃料については相場の値段を査定してもらい算出することになります。

空き家バンクの利用

空き家バンクというものがあり、そこに空き家を登録をして、買いたい・借りたい人を結びつけるマッチングをしています。自治体から依託を受けた非営利の団体による運営ですから、不動産業者に支払う仲介手数料を支払うことはありません。取り引きについての交渉もすべて自分たちで行う必要もあります。ただ売買に関してはトラブルになる可能性もあるので、仲介業者に登録をしてもらうことをしている地域もあります。

仲介業者とは違い積極的に物件を紹介されたりおすすめされるわけではありませんから、買い手や借り手を見つける力は少し弱いと思います。

空き家のまま管理する

誰にも売らずに誰にも貸さずにいるということもあるかと思います。自分も住んでいた実家であれば無くなるとなると惜しい気持ちも分かります。

しかし空き家のままで管理をするというのはそれなりに大変でもあります。家財道具を残した状態であれば、最低限として食物関連は速やかに処分したほうが良いです。たまに電気を止めてしまい、冷蔵庫に残った食物から悪臭を放つケースもございます。乾物などもねずみやゴキブリといった害虫が集まる温床になるので撤去すべきです。

そしてずっと窓を閉めたままというわけにはいきませんから、時おり訪れて換気をします。一軒家であれば庭の草木も伸びますから、定期的に草むしりも必要です。

住まいの定期的な空き家管理サービスというのも今はあります。基本的なサービスとして、「防犯対策」「換気、通風性」「雨漏りチェック」「外観チェック」「庭木チェック」「郵便物の整理」といったことをしてくれます。月々数千円の費用がかかります。

まとめ

売買や賃貸など、方法はさまざまにあります。相続人同士で協議したうえで空き家を上手に活用しましょう

遺品で残った大量な古本の整理方法

遺品で残った大量な古本の整理方法

遺品整理をする場合に大量に出てくるものといえば”本”です。

最近の人たちは本離れにより、文庫本などを自宅に集めることは少なくなったかと思います。今時代は漫画といったところでしょう。

しかし遺品整理をすることになる団塊の世代の方々は非常に本を集められていた方が多く、本棚にはギッシリと詰まっている事例を数多く見てきました。

本の処分

本は再販可能なものでもありますから、古本として売ることも可能です。しかし全ての本が売れるわけではありません。

以前は医学書などは高額で買取もしてくれた時期もありましたが、最近はネットの時代ですから、いくらでもウェブから情報が拾えます。そういった書籍の需要も減ったことにより買取なども減ってしまいました。ですので、専門書ではなく漫画本や文庫本くらいが買取の対象と思われた方が良いかと思います。

では売れない本はどうするのかといえば、本はリサイクル可能な再資源化できるものです。古紙として処分可能です。その地域の集団回収の日にちに合わせて置き場所に置いておけば収集してくれます。

もし集団回収が無い地域の場合は、お住いの近く古紙業者を探してみましょう。持ち込みをさせてくれるところも多いですが、事前に確認してからが良いでしょう。

しかし、一軒分の本の整理の場合は大量になることが多く、乗用車で運ぶには少し追い付かないかもしれません。

本の整理の難点

本の整理をする時に非常に困るのがその重量です。1冊2冊くらいなら大したことないですが、これが数百冊・数千冊となるとかなりの重量です。ある程度の量を紐で縛って運び下す。この作業が結構堪えるんです。

私たちが以前に行った作業で、一軒家から本だけの引き取りで重さが1.5トンくらいあったお住まいがありました。トラックにほぼ1台分の量です。これだけの量をご家族だけでするというのは少し無理がありますね。

売れる本はどこで売る?

漫画本や文庫本など売れそうな本はどこで売ったら良いのでしょうか?

手っ取り早く売りたいのであれば”ブックオフ”のような古本屋へ持ち込み、もしくは集荷依頼をする。手軽に売却が出来ます。しかしその買取の金額はそこまで期待するほどでもありません。1冊数十円程度なので、数百冊あっても1万円いくかどうかといったところです。

もし、もっと高く売りたいというのであれば、時間と手間がかかりますがフリマアプリなどを利用して自分で売る方法です。汚れがあればきちんと清掃をして、購入者の目を惹く必要があります。同じタイトルを出品している人は山ほどいますから、きちんとしなければ落札してもらえません。売れた後も梱包も自分でしなければいけません。落札者は商品が届くのを待っていますから。速やかな発送が必要です。 複数のタイトルを一度に出品すると結構手間ですが、古本屋に売るよりかは高く売れますから、時間に余裕のある方へおすすめいたします。

まとめ

手間暇をかけずに処分をしたいなら、まずは出張の買取業者の依頼をして、引取りしてくれるものを持って行ってもらいます。そして残った物が処分となりますから、ご自身で少しずつ収集日の前に処分をする。もしくは、その作業が出来ないのであれば業者依頼も一つの方法です。

遺品整理の費用に差が出る理由

遺品整理の費用の差

遺品整理を業者に依頼をしようとした場合にはホームページの料金表を参考にされるはずでしょう。

しかしサンプルの同じ間取りの部屋での目安の金額ということで紹介はあっても、実際には正確な費用を知ることは難しいかと思います。

では何故金額に差が出てしまうのでしょうか?

作業内容による費用の違い

一軒分の遺品整理となるとワンルームのお部屋でも数万円はかかります。

一軒家となれば20万円~50万円くらいは最低でも必要です。同じ一軒家でも30万円の差はどこからくるのでしょうか?

同じ間取りであったたとしても、その作業内容によってかかる経費はことなります。この辺りの差額についてご紹介いたします。

 

人員の数による差

例えば、大型であっても家具ばかりの引き取り作業であれば作業員の数は少な目で構いません。

その逆に食器棚にお皿が入ったままであったり、押し入れやタンスなどの収納にぎっしりと中身が詰まった状態からの作業であれば、一つずつ中を見て仕分け分別の作業が必要になります。

細かな作業ですから、人員の増員が必要になります。この人件費分がコストアップになります。

ロケーションによる差

例えばですが、間取りは1LDK のお部屋で一階の場合と階段で5階のお部屋があったとします。積み込む荷物は同じくらいだとしても、同じ金額で出来るかといえば難しいです。

階段下ろしとなれば人手も必要になるからです。バケツリレーのように上から下へ下ろす作業は2名程度では無理があります。

もしこれが、エレベーターのついたマンションの高層階なら一階と同じ料金で出来るのでしょうか?

これも同じというわけにはいきません。高層階ともなればエレベーター待ちが起きます。高層階マンションの場合は貨物用エレベーターが備えてあるところがあります。しかしその数は限られているため、他の配送業者と兼ね合いながらの作業となります。時間が通常よりもかかることが想定されますから、一階からの作業を基準とした場合にはやはり費用はかさんでしまいます。

ケース2、一軒家の場合によくある事例

同じ一軒家といっても普通に道路に面した家と通路の奥に建った、いわゆる”旗棹地”の物件や、建物の下が駐車場になった高台に建った物件では作業量がことなります。

これも人員を増やして対応しなければ作業が追いつきません。

主に費用が増える理由としては作業員の人件費がかさむということです。

ケース3、平米数や坪数によっても相違が起きる。

同じ1LDkであっても、30平米の場合と45平の場合でトータルの荷物の量は異なる場合が大半です。

さらに一軒家の場合では都心近郊の場合はおおよそ20坪くらいの面積に一軒家が建ちます。

しかし郊外では50坪程度の敷地に家が建つところもあり、延床面積は同じ一軒家でも全く違ってしまいます。その場合は家財品の量もまるで量が異なります。

このように建物の大きさによっても家財品の量の誤差が生じるものです。

こういった理由により「一軒家3LDK」といっても金額が20万であったり50万であったりするわけです。

まとめ

作業の内容や建物の立地などのローケーションによって作業量が異なることから、同じ間取りであったとしても費用が異なります。

正確な金額を知るためには、やはり現地見積もりというのが重要になります。

 

予算内に遺品の家財処分をする方法
  1. 遺品の家財処分

一軒分の家財処分となるとボリュームもあり、中々家族内で整理するのも苦労する作業といえます。

遺品整理業者に依頼するにも費用がきになり相談すら出来ずにいるのではないでしょうか?

そこで費用を節約しながら業者へ依頼する方法をご紹介いたします。

限られた予算で家財処分

出来ることなら全ての整理を業者依頼したいと思っても費用がかさむと頼むわけにもいきません。

少量の処分と違い一軒家の整理となれば数十万円は必要になります。

なぜなら、処分品の量も多いですし、作業をする人員の数も必要です。コストのかかる作業になるからです。

遺品整理に決まった予算があるのなら、どのようにそのコストを削減するかが鍵となります。

処分するものに優先順位をつける

お家の中にあるものというのは基本的にはご自身でも処理はかのうです。しかし大型の家具であったり処分方法が分からない家電品や粗大ごみなどが処分に手間のかかるものといえます。

この辺りのものを業者依頼をして、それ以外のものはご自身で処理をするだけでも費用は変わってきます。

衣類や紙や本は資源ごみとして処理できます。

燃えるごみ燃えないごみも分別すれば行政のごみ処理に出すことができます。(ただし注意が必要なのが、買取り出来るものや売れるものまで処分しないことです。ご自身で整理の作業を始める前に見積もりされることを依頼することをおすすめします。売れるものまでごみ処理しなくて済みます。)

これらを行うだけでも数万円は差が出ます。

遺品整理の作業の日程には余裕を持って

作業の日程が差し迫った状態で業者依頼をすると、期日に間に合わせるために余分に人員や車両の増員・増車をしなければ間に合わないこともあります。

これは突貫工事のようなものでコストアップの要因にもなります。

作業日程に余裕を持たせることでコストダウンにも繋がります。

遺品の買取りを含めることによる削減

一軒分の遺品整理となれば何かしら買取り出来るものは出てきます。冷蔵庫や時計や貴金属といった分かりやすい買取り品ではなく、一般の方ではその価値が分かりにくいアイテムを買取り出来る業者を選ぶことでも買取り金額には大きな差がでます。一軒家の場合なら数万円~数十万円の買取りといったこともあり得ます。

経験豊富な業者を選ぶ

遺品整理の経験が豊富な業者というのは処理方法についての知識も豊富です。

それはコストダウンに繋がり方法もよく知っているということです。

知識と知恵により、決められた予算で行う方法のプランを提案もできます。

まとめ

まとまった量の遺品整理はコストがかかるものです。出来る限りはなるべくご自身で処理をする。

買取りを含めて作業をしてくれる経験豊富な業者を選ぶことにより、限られた予算で遺品整理をすることも可能になってきます。

 

› 続きを読む