遺品整理の相場とは

遺品整理の相場価格

遺品整理は親族たちで行うことも可能ですが、実際のところ家が離れている場合は作業も難しくなり捗らないこともしばしばあります。そんな時に遺品整理業者を利用して片付けをされるかたも増えてきました。そこで気になるのが遺品整理の費用です。一体いくらくらいでやってもらえるのだろう… 知人友人から聞いた話でしかなく実際の金額が分からず、高額請求されたら怖い…と相談も出来ない方も多いかもしれません。ここではそんな遺品整理の相場価格をご紹介していきます

遺品整理にかかる費用

遺品整理にかかる費用としては作業費として人件費がまず必要です。広い間取りで大きなお家となると一人二人では作業出来ません。数人のスタッフが必要になります。1日で終わる作業もしくは2日かかる作業でも人件費が異なります。

次に遺品処分にかかる費用です。形見分けなどご家族様が引取りされる物以外で不要となるものが遺品処分となります。それらを家電・家具・金属・衣類・紙類・プラスチック・ガラスなど細かく分類することでリサイクル可能な物など仕分けていきます。しかし最終的にはゴミ処理になってしまうものは出てきます。このゴミ処理費用ですが一般廃棄物処理業者に依頼することになりますが、安くはないです。1キロ当たりの重さで収集するところと立米といって1立方メートル当たりの容量で価格を決めている業者があります。そして収集運搬を依頼する場合には、ゴミ処理の費用とは別に収集運搬費用もかかります。

これが大まかな遺品整理にかかる費用です。遺品処理になるものが少なくなればなるほど安くはなります。リサイクルしやすいものだけが残っていて、分別がしっかりできているというのもコストを抑えて出来ます。

混在している時が一番手間のかかる作業となりコストがかかります

一軒分の整理をしていて見かけの大きな物というのは作業に困ることは少ないです。タンスの中に入った洋服や本棚に詰まった本なんかも大したことはありません。一番手間のかかるのはキッチン周りです。食器とか鍋、調理用具、や乾物などの食物関連など、色々な物が混在しています。それらの仕分け分別は他のお部屋よりも時間も手間もかかります。リサイクルも難しい物も多いので、キッチンがギッシリと詰まっているようですとコスト高になりやすいです。出来るだけご家族で処理をされると費用が安くなるかと思います。余談ですが、誰も住んでいない家の場合は食物関連は早めに処理される方が良いです。過去にもありましたが、電気を止めてしまったために冷蔵庫の中の食品が腐敗してしまったことがありました。かなりの臭気で大変でした。 食物関連は遺品整理の中で一番最初に始めないといけないところなので、業者依頼をする前に事前にされることをおすすめいたします。

間取りによってもお家の大きさによっても費用は異なります

間取りで3LDKといっても、床面積が80平米の3LDKと120平米の3LDKでは全然違うと思いませんか?実際にもありましたが、120平米のお住いの3LDKの場合ですと、80平米に比べると一つ一つの家具が大きかったりしました。そうなると作業や使用する車両も変更しなくてはいけません。そういったことから遺品整理の料金表のようなものがあっても間取りだけでは分かることばかりではありません。そうなると必ず見積もりを取ってからでないと費用は確定できないということになります。

一般的な費用の目安

おおよそですが、現在の遺品整理業者の費用をリサーチしてみると1立米あたりの単価は10000円~15000円位で推移しているようです。(単価×荷物の量でおおよその金額が分かります。)ワンルームお部屋で荷物少な目の場合であれば3立米~ですので約35000円位~といったところでしょう。これはミニマムな最低な費用と思った方が良いです。足の踏み場もないようなお部屋もありますが、そういったお部屋の例ではありません。

一軒家や一軒分の遺品整理となるとガレージの中にも不要な物があったりと、家の中だけでは済まないこともあります。エアコンの取り外しが必要であったり、倉庫の解体が必要であったりと、付随するもろもろの作業も出てきたりします。そうなってくると最終的な費用ととしては一軒当たりは30万~50万位の出費は必要になるかもしれません。しかし業者によっては60万~100万位の見積もりをするところもあります。ですが、100万だから高額請求かといえばそうでない場合もあります。実際にそれくらいかかる内容もありますので、1社だけで決めるのではなく2~3社くらいの見積もりはあっても良いでしょう。しかしただ安いというだけで選んで失敗することもあるので、きちんと業者の人間と対話をして契約することが重要です。

費用を安くするための工夫

遺品整理の費用が思った以上にかかるなと感じられたなら、遺品処理の中からで売れるものは売るということをして費用を抑えるのも工夫の一つです。しかし「何が売れるのか分からない…」と悩まれる方も当然いるでしょう。あれこれネットで調べておられる方も多いです。時計や貴金属といった分かりやすい物は誰にでも見つけることは出来ますが、実はそれ以外にも買取出来るようなものはあるんです。しかし一般の人にはゴミのように映って捨ててしまっている事例も結構あります。後から聞いて「捨ててしまった」とお話を聞くことが多いです。そうなることを避けるのであれば遺品整理を始める前に遺品買取りから始めることが良かったりします。遺品買取で安く抑える

まとめ

遺品整理の相場とは業者によっても異なります。作業の内容によっても追加費用がかかりますので、実際に現地で見積もりを取ることが必要です。見積もりを依頼する業者は2~3社くらいあれば十分相場価格を把握できると思います。そして業者選びはホームページの内容を鵜呑みにせず、実際に対話することで選ばれることをお勧めいたします。