川崎市麻生区の遺品整理

川崎市麻生区の遺品整理事例

 

川崎市麻生区の中からも遺品整理のご相談をいただいています。作業事例のご紹介していきます。今後の遺品整理にご参考にしてみてください。

川崎市麻生区

川崎市麻生区の人口は16.8千万人が暮らす街です。東京からは多摩川を越えて隣の位置で、ベッドタウンのようなポジションでもあります。そして緑が多く閑静な住宅も多いことから穏やかに暮らせるのが魅力の街だと言えます。50年ほど前から小田急線沿線に住宅の開発が進められ、その当時に住み始めていた方が今まさに高齢となっている状況です。高齢の方が増えたことにより遺品整理のご相談が徐々に増えつつあると言えます。

麻生区の住宅の特徴

麻生区の住宅は同じ川崎市内の住宅と比べると坪数が広めです。大きな家とゆったりとした駐車場といったイメージですね。坪数で言うと40坪以上といったところが多かったりします。坪数が大きいことでも遺品整理をする時にはその他の地域とは違いが出ることがあります。

例えば、小田急線新百合ヶ丘駅周辺の住宅の場合で、王禅寺の地域もそうですが40坪以上の区画で販売されているようなお家が多いです。2階建てのお家に庭があって駐車場もあるようなイメージですね。

広さによる違い

間取りなど広さが違うということは荷物の量や家具のサイズが異なるということです。同じ間取りの3LDKで150平米と90平米では荷物の量は違います。ですので作業量も異なってしまうということです。広いお家の場合には大型の家具を使われることも多いので、これもトラックへの積み込みをする時の量が変わるといったことがあります。

量が変わるということは作業日数にも影響が出てくることもあります。作業量が増えることで通常よりも時間がかかります。

費用の差

お家が同じ間取りでも延床面積の違いで荷物が増えることにより費用がことなることもあります。遺品整理の作業の相場は1立米あたり1万円~1万5千円位です。3LDKクラスの間取りの場合は20立米くらいは必ずあります。(生活されていたままの状態で)しかし麻生区の地域のお住まいは通常よりも延床面積が広いことで、25立米~と差が出ますから結果費用も若干高くなるのは否めません。

遺品の買い取りにより節約

もし遺品整理の費用を少しでも安く抑えたいのであれば遺品の買い取りというのも方法の一つです。しかし注意しなければいけないのが、必ず相続人同士で遺品の売却をして良いかを事前に確認することです。後のトラブルになるかもしれないからです。

遺品整理と同時に行うことで運ぶ手間もかかりませんし、ご自身が思ってみなかったものが買取になる場合もあります。

ご依頼されたお客様の感想

【50代男性の方】

兄弟で色々整理はしていたが、最終的に大きな家具や不要な物が多すぎて自分達では出来ないと判断して相談しました。住宅を売買に出すことになっていて、引き渡しの時期も迫っていましたが短期間に終らせてもらい助かりました。

【60代女性の方】

結婚後には実家とは離れたところに住んでいて、整理に来たくても来れずにいました。他の兄弟も同様に離れていたため家の整理が進まない状況。このままではいけないと思い相談をしました。丁寧に説明をしてくれて分かりやすく。費用的にも納得できる金額でしたので依頼しました。遺品の買い取りもやりサイクルもしてくれるので、処分ばかりではないのもよいです。