遺品整理で漫画の売り方、処分の方法

遺品の漫画での整理

遺品整理をしていると書籍類がかなり多かったりします。その中でも漫画というのもかなりの割合を占めていたりしますが、古紙としてリサイクルも可能ですが、古本としては文庫本やその他の書籍などがあります。その中でも漫画というのは本屋さんとしては売れ筋ですので多く在庫を抱えておきたいアイテムになります。漫画として価値の高い物も中にはありますし、ごく一般的な漫画でも販売が可能なものもあったりします。処分すべきか売却するかなど、その方法についてご紹介していきます。

売れる漫画

漫画本といってもどんな漫画でも高く売れるのかといえばそうでもありません。高くなるものというのは「希少性」というのが重要です。つまり世の中に出回っている数が少ないものであり、なおかつ人気もあるものということです。数は少なくても人気が無ければ高値にはなりません。逆に人気はあっても数が多く出回っているのなら、どこでも手に入るのでこれも高値になりにくいです。ですので、この二つの条件を兼ね備えたものが高値で売れるということになります。

「そんなのすぐに見つからないよ」と思われた方もいるでしょうが、だからこそ希少価値があるんです。

では一般的にありそうな漫画の中で、どのような漫画が売れるのかをご紹介していきましょう。

例えば漫画本で1巻から始まって、全部揃っている、もしくはほとんど揃っているようなものであれば評価もされて売りやすいです。バラバラで不揃いのものの場合は評価下がりますし、フリマアプリのようなところに出品しても買い手がつかない場合もあります。古本買い取り店ではも1冊数十円程度、もしくは無料引取となることもあります。出来る限りお部屋の中で見つけて揃えて売るのがベストです。

漫画自体の売価に価格差はありますが、だいたい売れます。しかし古本ショップへ売った場合は思った程の価格にならずにがっかりするかも知れません。一冊20円~50円とかそんなレベルです。お店に持って行っても量がある場合は検品のために1時間くらいは有にかかります。100冊持って行ってようやくそこそこの金額になるくらいですね…労力もかかりますが…

もしそれが嫌だったら「メルカリ」や「ヤフオク」といったところで売ると意外な価格になるかもしれません。

フリマアプリを利用する

スマホの携帯でダウンロードする「フリマアプリ」。もう使っている方も多いかと思います。漫画の画像を撮って、本の汚れなどの状態や“全巻セット“や“一部欠品“といった商品説明を載せて出品すればOKです。自分の希望価格があれば(相場に見合った価格)その金額で出すことも出来ますし、オークション形式で「100円スタート!」というのも良いでしょう。落札者が出たら、その漫画を梱包して発送するだけです。

手間は少しかかりますが、古本ショップで売るよりも高く売れることは間違い無いです。

希少性のある漫画を売る

漫画のなかでも発行部数の多い「ワンピース」のようなものの場合はおおよその相場というものがあります。出品者も多いですからそこまで高値にはなりません。しかし昭和の漫画などで発行部数も少なくて、現存数の少ないものは高値になる可能性があります。物の相場というのは人気の度合いと希少性によって跳ね上がったりするものです。

もしこんな漫画が出てきたらお宝価格になるかもしれません。これも同じようにご自身で出品すると良いでしょう。もし出来ない場合は、大手古本ショップではなく、骨董や古道具を取り扱う買い取り店の方が高く買ってくれるでしょう。それというのも大手古本ショップでは、そのような希少性のある本でも、他の古い本と同じような査定になることが多いからです。希少性というところまでは査定してもらえない場合があるということです。

大量にある漫画の引き取り

もし漫画が大量にある場合はこれまた苦労します。売るのも大変な労力です。このような場合は出張で引取に来てくれる古本屋さんはありがたいですね。もちろん引取に来てくれる経費もあるので、その分査定額は自分で売るよりも安くはなります。手間を省くか金額を取るかといったところです。

売れ残った漫画

もしも売れずに残ってしまった漫画があったのなら、これはもう処分しかありません。その処分というのも“燃えるゴミ“ではありません。紙は資源ゴミ扱いで再利用ができます。古紙回収の日に出す、もしくは古紙業者のところへ持ち込みすれば良いです。

まとめ

漫画が売却できるものですが、不揃いであったりすると売りにくくはなりますから、できるだけセットで売るようにしましょう。ショップに売るか自分で売るかで売価が変わってきますから、手間をかけても高く売りたいならフリマアプリを使って売却しましょう。大量な漫画で、「自分では無理かな…」と思ったらショップに出張で買取に来てもらうのも良いです。

もし売れ残った時には資源ゴミとして古紙業者に引取してもらいましょう。