遺品の買取とは遺品整理の負担を少なくすることが一番の目的




遺品の買い取りを依頼される方の多くはどんなことから依頼をするのでしょうか?売れるものは売りたいから?1円でも高く売りたいから?

まずは売りたいということよりも、遺品整理にはそれなりにかかる費用があり、この支払いが依頼者にとっては大きな負担となることは間違いありません。その負担を少しでも和らげるのが「遺品の買い取り」であり、売却したいと考えられているのではないでしょうか?。

ここではどこに、誰に売却したら良いかを分かりやすくご紹介していきます。すこしでも売れるものは売って、その負担を少なく出来るヒントとしてお役立てください。

どんなところに買取りを依頼すればいいのか?

  • 遺品整理業者による買取
  • リサイクルショップによる買取

遺品買取りというのは中古品の取り扱いということでして、以前はリサイクルショップだけが中古品の取り扱いをしていましたが、最近では遺品整理業者も買い取りを行うところが随分増えてきました。しかしその両者は性質は異なり、必ずしも同じとは言えません。その違いはどういったところでしょうか?

遺品整理業者のメリット・デメリット

遺品整理業者に買取を依頼することのメリットとしては一度に遺品整理と買い取りが出来るということです。依頼される方も、そのお住まいに住まわれていないことが多く、何度も足を運べないという方も多くいます。そういった方にとっては時短で一度に全部が済ませるというのは大変なメリットとなります。しかし、デメリットとしては遺品整理業者の多くは適正な査定を出来ないところも多いのは事実です。それは買取の業務が後付けだからです。あれもこれも全部出来ますよ的なサービスになっているところが多い気がします。

リサイクルショップのメリット・デメリット

リサイクルショップは買取のプロとも言えます。総合リサイクルショップであれば、家財道具全般の買取にも対応していますから、遺品の買い取りにも十分です。きちんと買取が出来る目利きがあるのがメリットでしょう。しかしデメリットとしては遺品整理の作業を全て受け入れてくれないこともあるということです。例えば、買取出来るものだけしか持って行かない。遺品処理として処分費がかかるものはお金を支払ってもやってもらえないというケースもあります。簡単な作業であれば受け付けてくれても、面倒な作業な場合は受け付けてくれないということです。

※ここでのポイント一貫した作業を求めているのであれば遺品整理業者による買取と整理。分けて対応出来る時間的な余裕があるのなら、リサイクルショップと遺品整理業者の2本立てによる整理にするのがベター。

遺品買取りの資格

遺品買取りに関しては、これは古物商の許可ということになります。この許可が無ければ物の売り買いは出来ません。

最近は「遺品査定士」という資格も出来たそうですが、これは一般社団法人による民間の資格であり、国の資格によるものとは違います。この資格があったとしても古物商の許可が無ければ買取することは許されません。

遺品の査定の目利き

「遺品査定士」という資格があるから優れた目利きが出来るのか?と言えばそうではありません。骨董や古物の商売というのはこの資格が出来るもっと昔からあり、それに携わる者たちは自分の目で物の価値を確かめながら目利きの力を養ってきました。遺品であろうが、そうでなかろうが中古品の古物であることには違いがありません。古物商はこの資格が出来る前からずっとあるもので、この資格がある無しで能力に優劣は付けることは出来ません。なので資格はあまり気にされる必要はないでしょう。

どこが高く売れるのか?

何を売るのかによっても高く売れるところというのは違ってきます。例えばですが、遺品の中で一番分かり易く高価なものと言えば貴金属です。その貴金属をどこに売るのか?ということですが、私のおすすめとしては駅前の貴金属やブランド買取店ではなく、貴金属だけを買取している専門店に持って行くことです。いわゆる地金買取の大元みたいなところなので、駅前の買取店が集めた貴金属を売りにくるようなところなんです。田中貴金属やネットジャパンといったお店は結構いいです。

あとは時計などの専門性の高い物。これは偽物なども多い世界なので、本当にきちんとした鑑定が出来るところに出すのが良いです。一括査定といったところに依頼した場合は、最初の提示の金額はすごく高いこと言いますが、最終的な現物確認の時には安くなるパターンが多いので注意が必要です。そこで時計買取に良い専門店はというと「質屋さん」系の買取店です。常に本物と偽物の鑑定を行うところですので、その目利きはプロフェッショナルです。本当に良い物でしたら(競争相手が多いことも知っていますから)高く買取してくれます。同じくブランド系のカバンなども質屋さん系はおすすめです。「コメ兵」のような大手だから特別高いというわけでもありません。無名であっても高く買ってくれるところというのは意外とあります。

手間をかけてまで高く売りたいならオークションを利用する

遺品整理はしなければいけないけれど、でもやっぱり売れるものは高く売りたいというのであればオークションサイトを利用されると良いでしょう。しかしなんでもかんでも売りまくるというのは時間もかなり浪費することになりますから、ポイントを押さえて売ると良いです。

  • 時計やブランド品は正規品である
  • 絵画などは作者が有名であること、そして絵の裏にネームが入っている。(有名であっても価格が安い場合もあり)
  • お皿や陶器なども、作家や窯印があることが大切。ただの九谷焼やただの有馬焼では高い評価は受けられません
  • 掛け軸などは貴重なものは軸先も稀少な物を使われていることが多いです。もちろん作家が有名であることが一番大切です
  • 着物は絹で出来たものが基本。大島紬や結城紬など、しかし証紙などが無い場合は価値が下がる
  • どんなジャンルのものであれ作家名がきちんとわかるもの、希少性の高い物が高値が付きやすい
  • 切手などは1960年以前のものが値段が付きやすい
  • 100円札のようなお金は現行扱いで高値にはならない。もっと古い古銭が価値がある
  • 伝統こけしは昭和30年よりも古い物が価値があります。

この辺りのことがご自身で確認が取れている物でしたら、ご自身で出品されてみても良いでしょう。しかし分からないまま、内容の薄い商品説明で出品してしまうと安く落札されてしまう可能性もありますから、業者に売却していた方が高くて面倒が少なかったということにもなります。

このさじ加減というのが、ご自分でされる時に微妙なところなんです。

遺品整理エージェントでの遺品買取りの強み

 

遺品整理エージェントでは家電や家具など、家財道具全般で買取を行っています。それぞれのジャンルで目利きの強い査定人が集まることで高い買取が実現しています。骨董品・古美術など特に目利きが難しいものも査定が出来る鑑定士の同行可能です。一軒分ともなれば数万円~数十万円の買取が出来る場合もありますので、遺品整理の費用のご負担を減らすお手伝いが出来ると自負しております。

まとめ

遺品整理の場合、一軒家ともなれば全てを整理しようとすれば20万円位~が相場です。なるべく負担を減らすために一番効果があるのが買取ということです。

ポイントとしては遺品整理の費用を抑えつつ速やかに済ませたいのか?それとも時間はかかってもいいから少しでも安く済ませたいのかによっても、どこに買取を依頼するのかが変わるということです。

時間的な余裕がないのであれば一括で買取から整理までが行える業者がお奨めです。時間に余裕があるのなら、専門業者を訪ねてそれぞれで売却をする。もしくはご自身でオークションサイトを利用して売却するというのが最も効果のありますので、出来そうであれば一度実践してみてください。