遺品整理が100万円と言われて驚いた事例

高額な遺品整理の費用

遺品整理のお見積りのご相談をいただいた方で、高額な費用の見積もりされたお客様のお話しを元にご紹介させていただきます。

見積もりを100万円と言われた

とある地域の3LDKのマンションの1階のお部屋のお見積りに伺いました。見積もりの金額を伝えると、すでに他社が見積もりをしていることをお話ししてくださいました。そしてその業者に「100万円かかります」と言われたそうです。それを知らずに見積もりしていましたが、お伝えした金額とはかなりかけ離れていました….

お客様もさすがにその100万円には驚き、お見積りに伺った経緯です。

「遺品整理の高額請求」「悪徳会社」と遺品整理の業界にはついて回る話です。しかし今どきそんな金額を吹っ掛ける会社なんてあるのかな?なんて思っていましたが、いました(笑)。納得してしまう方がいるからそのような見積もりを出しているのだと思いますが、正直私も驚きでした。

なぜ高額な見積もりになったのかを推測

私が見た限りではアルミバントラックで4台程度の量の荷物です。それを100万円ということは1台あたりで25万円の金額になります。これは一般廃棄物業者に支払う費用があっても十分すぎる金額です。運び出しの作業に手間がかかるような内容なのかといえばそうでもありません。マンションの1階からの運び出しで、ロケーションとしては手間の少ないところです。

おそらくキッチン周りの細かい食器類や納戸に詰まった、傍目ではよく分からないもの。外回りの残置物の撤去。この辺りを嫌って高い見積もりをしたのかもしれません。それ以外の居室はいたって普通の家財道具しかありませんでした。

このキッチンと納戸と外回りがあるにしても、高いかなと印象は否めませんでした。

妥当な金額とは

弊社の見積もり金額はこの案件では半値以下となりました。100万円かかると言われてその金額にしたわけでもありません。実際にかかる処分費とその他の経費。リサイクル出来るものやリユースの買取を総合して計算した金額です。これが基準とも思いませんから、他社と違った金額になって当然です。しかし弊社として出来る金額を算出させていただきました。

妥当な金額というのはご依頼人様が支払うのにご納得できる金額であると考えています。

費用が安すぎる業者は不安との声

一部ネット上では、安い業者は「不法投棄している」「リサイクルなんてしていない」といったネガティブな記事も横行しています。一軒分の家財道具を不法投棄するなんてナンセンスだと思いませんか?そんな大量な荷物をどこに放つのでしょうか?そしてすぐに見つかってしまうと思います。

そう言ってる方々はリサイクルの事情であったり、多くの情報を持っていない業者の考えだと思います。長年に渡り遺品整理を行っている会社は中間処理業者についてもリサイクルやリユースについての情報も多く持っていて、どのようにすれば少ない費用でも利益が出るのかを研究しています。そして費用が安くなることでお客様に還元しているわけです。

ご自分でされる困難さ

今回のこちらのお住まいのご依頼者様は遠方にお住まいでした。現実的にご家族で遺品整理を行うのは不可能であり、ご依頼をされることになりました。その困難を解決できるお手伝いが出来て本当に良かったです。

費用が高いかなと思うなら相見積もり

1社だけの見積もりの場合は、それが相場なのかも?と信じてしまうケースもあり、100万円と言われたら支払ってしまうことだってあります。そういったことにならないためにはどうすれば良いかといえば相見積もりを取るということです。相見積もりを取ることで比較をして相場の金額も見えてきます。同じくらいの金額で見積もりが出ていれば、その金額がおおよその相場という頃です。

ただし一括見積というのはお勧めしません。何故なら一括見積サイト自体がマーケティングなので、どんな会社が登録しているのかも分かりません。依頼をしてみたら全て同じ会社だったということが以前他業種でも起こったことがありました。そういったことを考えると1社ずつご自身で選んで見積もりを比較するということが大事です。

価格だけで決めない

見積もりの金額が均衡している場合、価格だけでは決めないことも上手くいく遺品整理の一つです。人が行う作業ですから、サービスの内容なども含めて依頼しなければいけません。見積もりの価格だけで選ぶというのは”安かろう悪かろう”にもなりかねません。見積もりにきたスタッフの人となりを観察して信頼置ける業者を見つけることが一番大切だと思います。

2018年7月1日 | カテゴリー : 遺品整理 | 投稿者 : ihinseiri-agent