予算内に遺品の家財処分をする方法

  1. 遺品の家財処分

一軒分の家財処分となるとボリュームもあり、中々家族内で整理するのも苦労する作業といえます。

遺品整理業者に依頼するにも費用がきになり相談すら出来ずにいるのではないでしょうか?

そこで費用を節約しながら業者へ依頼する方法をご紹介いたします。

限られた予算で家財処分

出来ることなら全ての整理を業者依頼したいと思っても費用がかさむと頼むわけにもいきません。

少量の処分と違い一軒家の整理となれば数十万円は必要になります。

なぜなら、処分品の量も多いですし、作業をする人員の数も必要です。コストのかかる作業になるからです。

遺品整理に決まった予算があるのなら、どのようにそのコストを削減するかが鍵となります。

処分するものに優先順位をつける

お家の中にあるものというのは基本的にはご自身でも処理はかのうです。しかし大型の家具であったり処分方法が分からない家電品や粗大ごみなどが処分に手間のかかるものといえます。

この辺りのものを業者依頼をして、それ以外のものはご自身で処理をするだけでも費用は変わってきます。

衣類や紙や本は資源ごみとして処理できます。

燃えるごみ燃えないごみも分別すれば行政のごみ処理に出すことができます。(ただし注意が必要なのが、買取り出来るものや売れるものまで処分しないことです。ご自身で整理の作業を始める前に見積もりされることを依頼することをおすすめします。売れるものまでごみ処理しなくて済みます。)

これらを行うだけでも数万円は差が出ます。

遺品整理の作業の日程には余裕を持って

作業の日程が差し迫った状態で業者依頼をすると、期日に間に合わせるために余分に人員や車両の増員・増車をしなければ間に合わないこともあります。

これは突貫工事のようなものでコストアップの要因にもなります。

作業日程に余裕を持たせることでコストダウンにも繋がります。

遺品の買取りを含めることによる削減

一軒分の遺品整理となれば何かしら買取り出来るものは出てきます。冷蔵庫や時計や貴金属といった分かりやすい買取り品ではなく、一般の方ではその価値が分かりにくいアイテムを買取り出来る業者を選ぶことでも買取り金額には大きな差がでます。一軒家の場合なら数万円~数十万円の買取りといったこともあり得ます。

経験豊富な業者を選ぶ

遺品整理の経験が豊富な業者というのは処理方法についての知識も豊富です。

それはコストダウンに繋がり方法もよく知っているということです。

知識と知恵により、決められた予算で行う方法のプランを提案もできます。

まとめ

まとまった量の遺品整理はコストがかかるものです。出来る限りはなるべくご自身で処理をする。

買取りを含めて作業をしてくれる経験豊富な業者を選ぶことにより、限られた予算で遺品整理をすることも可能になってきます。