生前整理後のシニア向け住宅への住み替え

生前整理後のシニア向け住宅への住み替え

 

最近はシニアの方々専用の住宅というのが増えているそうです。シニアの方々のための設備やコミュニティ環境や生活相談などが整い住みやすいと評判の住宅です。どのような暮らしぶりなのかをご紹介していきます。

施設内のアクティビティ、サービスが充実

  • ●スポーツ
  • ●レストラン

住宅の中にはスポーツ施設が充実しています。テニスコートや卓球台があったり、室内ゴルフ施設があるところもあります。

食事ではレストランの施設が入っていて、入居者の選択によって食事を選んで食べることが出来るようなところもあります。

コミュニケーションのメリット

同じ世代くらいの人同士が入居していて、スポーツや食事を一緒に楽しむことが出来るのが一番のメリットといえるでしょう。もし一人で暮らしていたら活発に外に出て多くの人と触れ合う機会を自ら持つようにしていたでしょうか?このような施設なら自然と入居者同士がコミュニケーションを取ることも可能です。そうすることで活き活きとした暮らしを送ることも可能になるでしょう。そしてそれが生きる活力となるのです。

車や電車に乗って外へ行かなくても、施設内でも十分に楽しめる環境が整っているというのは非常に暮らしやすいものですね。

老人ホームとの違い

シニア向けの住宅というのは介護が必要な方が住むところとは違います。ですので、介護スタッフがいるわけではありません。あくまでもシニアの方々が暮らしやすい住まいをコンセプトに作られた住宅ということです。

少ない費用で入居可能な賃貸型シニア住宅

シニア向け住宅の中にはデイサービスの会社が賃貸物件として出している施設もあります。下にはデイサービスがあり、上の階に住居があるわけです。食事の提供や安否確認、生活相談などが受けることが出来ます。一人暮らしの老人の場合、ご家族は安心出来ますね。

入居の費用

入居に関して一番気になるのがお値段のことかと思います。施設が充実すればするほど費用もかかってしまいそうです。実際のところ入居するための準備金としては高いところでは1000万単位のお金が必要になります。月々の費用はといえば1人約9万円~ということです。この中には食事の費用も入っていたりします。二人であれば18万位~のようです。

賃貸型の施設は準備金は必要ないところもあり、比較的に費用は少な目に入居出来ます。しかし一か月にかかる費用は9万円位~の厚生年金で賄えるくらいが相場なようです。

費用の工面

こういったところに入居される方は、事前の貯蓄や厚生年金以外にも個人年金を積み立てていたりもするそうです。準備金にお金が必要な場合などは、それまで住んでいた自宅住宅の売却をしてそのお金を当てたりするようです。この辺りはやりくりが色々必要になりそうですね。

高齢者の住み方を考える

以前は子供たちと一緒に暮らしていた大きな家も巣立った後に残った家というのは、少ない人数で暮らすには持て余したり管理しにくかったりします。生前整理の一環でお家を整理するということも考える必要があります。高齢になるにつれて今まで出来たことが出来なくなる。そういった時期を迎える前に暮らしやすい家を見つけるというのも大切なことかもしれません。暮らし方は人それぞれ好みもありますが、高齢者の住宅のための新聞(WEB新聞)というのがあります。高齢者住宅新聞 住宅のことからセミナーや医療・介護についての新聞です。このようなところから情報を拾うのも効果的でしょう。

住替えをするのであれば生前整理から

もし住み替えを決意されるのであれば、まずは今のご自宅の生前整理から始めなければいけません。お住まいが小さくなるのであれば今ある荷物を整理しなければ全部は持って行けないはずです。身軽にすればするほど、その後の整理整頓が楽になっていきます。

まとめ

最近増え始めているシニア向け住宅ですが、スポーツ施設や周りの人とのコミュニケーションが取りやすいと暮らしやすい環境の住宅のようです。準備金などまとまった費用が必要な施設もあれば賃貸型の施設もあったりとケースバイケースのようです。より多くの情報を集めて今後の暮らし方を考えれば、もっと活き活きとした暮らしが待っているかもしれません。