遺産相続でトラブルを抱えた場合は弁護士相談がベターです

弁護士天秤

遺産相続は親族間でのトラブルに発展しやすい事柄です。どうしても解決が出来ない場合は弁護士を入れてがおすすめ。対処方法についてなどを解説していきます。

遺産相続相談トラブルは弁護士へ

遺産の相続をするときには多くのトラブルが起きやすい事柄でもあります。

たとえば住宅の遺産。金銭などの遺産が全くなく、あるのは一軒の家だけ。家族の誰かが親と一緒に住んで面倒をみていたため、その家をもらえるものと思っていたが、兄弟(もしくは親族)が遺産の分与を求めてきた。という事例。家を分割するわけにもいきませんし。現実的にはその家を売って金銭で分割することになるのでしょうか。そうなれば今まで親の面倒を見ていたにも関わらず住んでいた家を失い、新たに家を探さなければいけない状況になってしまいます。

感情的には穏やかではいられませんよね。こういったことが発端でトラブルになるケースが非常に多いわけです。親族であるほど感情的になり客観的に話し合いを進めることは難しいです。このような状況で仲裁に入ってくれるのが弁護士です。

弁護士への相談

トラブルが話し合いでは収まらなく、解決の糸口が見つからない場合は弁護士に相談するのも方法の一つです。弁護士といっても民事や刑事と訴訟のケースで得意としているものが違います。広告宣伝をしている弁護士の大半は民事を行っており、その中でも遺産相続に特化している弁護士を選ぶことがより良いでしょう。

弁護士費用

弁護士に相談を持ちかける場合にはそれなりの出費も覚悟する必要があります。行政の相談サービスとは異なりますから、その相談料も桁が違います。遺産の内容がかなり高額であったりする場合、和解や勝訴する価値のある案件であれば弁護士に相談する価値があるというものです。

仮に和解や勝訴しても弁護士費用を払ったら何も残らないなんて言うのは徒労に終わってしまいます。そういった場合はなるべく親族間で譲歩し合いながら粘り強く話し合いをすることをおすすめいたします。

参考:旧弁護士連合会報酬等基準

 

遺産相続弁護士を探す

今は電話帳で弁護士を探したりということは少ないことでしょう。立て看板を見て気には留めておくでしょうが、衝動的に電話するような事柄でもありません。やはりインターネットを利用して検索するというのが一般的です。

その検索の方法ですがキーワードが重要です。そのキーワードを間違えると違ったものが出てきてしまうからです。

たとえば「弁護士」とだけ入れて検索した場合は、刑事訴訟や民事訴訟の弁護士全てを含んだものが検索に出てくる可能性があります。

この場合は●遺産相続 弁護士 ●相続 弁護士●遺言 弁護士 といったキーワードで検索すると相続に強い弁護士がヒットします。

さらにいくら相続に強い弁護士といっても住んでいる地域とは離れているなら相談するのも難しくなります。その場合は上記のキーワードにプラスして地域名を入れます。

たとえば”遺産相続 弁護士 神奈川”といった感じです。こうすればより身近な弁護士が検索されます。

遺産相続に強い弁護士ができること

弁護士というのはトラブルを解決してくれる仕業です。税のことなら税理士。不動産の名義の変更なら司法書士とそれぞれ仕業でも役割に違いがあります。では弁護士ができることといえば、●金融資産名義変更●遺産相続争い解決●遺留分減殺請求●遺産放棄といった事項です。ご自分が抱えているトラブルが上記に当てはまるようでしたら相談されるのもよいでしょう。

まとめ

もし遺産相続で親族同士でトラブルを抱えてしまい、その遺産の金額が大きいようであれば遺産相続の弁護士に相談するのが良いでしょう。より良い弁護士選びには慎重に。人からの口コミも聞きながら信頼ある弁護士を見つけることが解決への糸口となります。