遺品整理の費用が安い業者の秘密を教えします

遺品整理の費用が安い業者

遺品整理の費用は、その量が多いことからどうしてもかさんでしまいがちです。ワンルームのお部屋くらいなら数万円程度で済みますが、3LDK以上くらい間取りともなるとかなり大掛かりな作業となり、そのコストも大きくなってしまいます。見積もりをいくつか取ってみると、各社それなりに開きがある場合があります。ではなぜそのような開きがでるのか?費用の安くなる業者の傾向についてご紹介していきます。

エリア的な要素

最近はネット検索で業者を選ばれる方も多いと思います。検索に出てくる業者順に問い合わせすることも少なくないかと思いますが、はたしてその業者はお住まいから近いところの業者なのでしょうか?実際には検索にヒットする業者というのは近い業者ばかりではありません。見積もり依頼や作業依頼をすればもちろん来てはくれます。しかし見積もりに来るのもその距離分のコストはかかってしまいます。

そして作業も移動など距離の点でコストが増える場合があります。こういったことから、その費用分が見積もりに反映してしまうということが考えられます。

仕分け的な要素

遺品処理となるものでは、どれだけ分別してリユース・リサイクルが出来るかがコストダウンの鍵となります。金物系、プラスチック系、紙や 本類系、 衣類系、ガラス系、木材系、は再資源化によるリサイクルを行われています。

そして傷みの少ないものや商品として評価されるものはリユースに品として使えます。

こうしたリユース、リサイクルがどこまで徹底してしまうかでもコストには大きく反映してしまいます。

仕分けが不十分て多くのものを一般廃棄物業者に依頼してばかりでは、遺品整理の費用を安く抑えるのは難しくなります。

経験と横の繋がり

コストを抑えるためのリユース、リサイクルというのは、その業者がどれだけ色々なリサイクル業者やリユース業者を知っているかにもかかってきます。

これは過去の経験や横の繋がりにより情報を多くもっているからこそ出来るわけです。

遺品の買取りを合わせて

遺品整理の費用を安くするのには遺品の買取りが一番効果的です。売却するものにもよりますが、一件分の買取りと相殺して遺品整理の費用が全部賄える事例もあります。

遺品業者による買取りであれば、一度に出来て手間もかからないというメリットはありますが、貴金属や宝石類やブランド品のような専門店に出したほうが良いアイテムというのもあります。

遺品整理業者に全部任せるか、遺品を分けて売却するかは品物によって分かれるでしょう。

費用が増えてしまうところ

遺品整理費用のなかで一番かかるコストが人件費です。細かな整理の作業が多い場合には、どうしても人手がかかってしまいます。そして荷物の量が多い場合は車両費もかかります。

効率の良い作業

人工や車両費はかかったとしても効率の良い作業により作業日数を減らすことができれば、これもコストダウンになります。この効率の良い作業というのは、やはり経験値からくるものであり、長い実績を積み重ねることで分かるわけです。。そう考えるとベテランのスタッフがいる遺品整理業者というのは安くやるための知恵もあるということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?遺品整理の費用が安い業者というのは、リユース・リサイクルによる仕分けの努力と買取が出来る目利き。そして経験により作業効率を上げれる会社ができることだというわけです。見積もりは複数取られるかと思いますが、価格差にはこんな理由によるものなのです。